不倫ブログをぶっ潰せ!!

うちもゴミブログだが不倫ブログもかなりのゴミなブログだ。

毒吐き系のゴミブログに比べて不倫ブログはかなり多い。

「夫の悪口」「妻の悪口」を毎日書き連ねてるブログもかなりのゴミだが、しょせんは家庭ごみ。

会社の悪口なんかは事業ゴミとして必ず出るものだから理解できる。

不倫ブログは言うなれば「生ゴミ」だ。

しかも、この生ゴミには「恋心は止められないわよね」だの「理解してくれる人はいっぱいいるわ」だのというゴミ虫がいっぱい集まっている。

生ゴミに虫がわくのは仕方がないか。

この不倫ブログの傾向で面白いのが「不倫された側の夫あるいは妻」「不倫によって悲惨な目にあった子供」のブログがないことだ。

なぜないか。

それは不倫された側は「恥」というものを知り、「耐え忍ぶ」ということを知っているからだ。

不倫がどうのこうのというのを世界に垂れ流すのは恥だと知っており、言いたいことがあってもぐっと我慢して耐え忍ぶ。
世間に自分たちの恥をさらすような真似はしない。

一種、ドメスティックバイオレンスに似ている。
殴ってる側は「俺にはこんな心の傷があるせいだ!」とあちこちに言って周り、受けた側は黙って傷に包帯を巻く。

不倫する側は厚顔無恥。
「自分は素敵な恋がしたいの」みたいなことをほざいて、自分の汚れをさらけだす。
オナニーをネット中継するよりくだらない行為だ。

ある種の自慰行為であるのは間違いない。
この世にごまんとあふれた不倫を「常識じゃない恋」と思って酔ってる姿を晒してるのだから。

ゴミがゴミをまき、まいたゴミにゴミ虫が集まる。

不倫ブログっていうのはそんなもんだというのを、理解して書いたほうがいいだろうと俺は思っている。

おまえら、不倫するなら、えらそうにやらねえで、少しは申し訳なさそうに黙ってやれ

不思議なことに「ゲームのせいで子供がおかしくなる」っていう奴はいるのに「不倫ドラマが多いせいで不倫が増える」って文句をいう奴はいねえんだよなぁ。
[PR]
by dodomeironoyuki | 2004-06-28 00:24 | ブログ毒吐き


<< 不倫女・男の言葉 キャバクラ嬢、風俗嬢のブログ >>